2011年9月9日金曜日

MacBookProのメモリを二倍(8GB)にした結果

さて、メモリを増量して、まずはいままでの使い方がどう変化するのかやってみました!

確認したのは、

  • 特に負荷をかけてない普段使いの状態
    • skypeやメッセンジャー、steamを常駐し、Google Chromeでブラウジングしつつ音楽聞いてる。
  • メモリ増設のきっかけの一つ、重たいminecraftプレイ時
    • 普段使い+minecraft+TeamSpeak
  • メモリ食い代表eclipse使用時
    • 普段使い+eclipse ビルドしたりキーワード補完したりしてる

の三つの状態です。増設前後でそれぞれアクティビティモニタにてスクリーンショットをとりました。それぞれ、ソフト起動からしばらく使った後で確認しています。(使っているうちにメモリ使用量が増えて行き、ある程度で安定するため。)

まずはメモリ増量前のメモリ使用状況をご覧ください。
(画像が多いので下のリンクからどうぞ)

普段使い:空き1.8GB スワップ 80.5MB

minecraft:空き 7.9MB スワップ153.2MB


eclipse:空き96.8MB スワップ116.9MB

とこんな感じ。・・・いや別にそれほど足りないって訳じゃなかった。うん。

で、次がメモリ増設後
普段使い:空き 5.68GB スワップ 0

minecraft:空き 4.06GB スワップ 0

eclipse:空き 4.20GB スワップ 0

・・・おいぃ!全部4GB以上の空き容量あるじゃん!意味ねぇじゃん!クッソ!
と思ったんだが、メモリ管理上4GBを無駄無くきっちり使う事なんてできるはずが無い訳で。メモリの断片化とかを考慮したらまったく効果がない訳ではないと思う。実際スワップはまったく発生しなくなっているし。あれです。我々が机の上に完璧な配置で本を置けないのと同じで、快適な作業にはやはり余剰なスペースが必要なのです。
まあ 体 感 的 に ま っ た く 変 化 が 無 い ん だ け れ ど ね !

0 件のコメント:

コメントを投稿