2011年11月28日月曜日

Xperia acroにマットタイプの保護シート貼ってみた

最近買ったXperia acroの液晶保護シートがすっげぇ調子いい。

液晶の見た目を重視して光沢タイプばかり買っていたんだけど、光沢タイプはタッチパネルとすごく相性が悪い。べたべた触るものだから、どうしても指紋がべったりついてしまう。そこで、acroを買ってしばらくたったので、「どれ、マットタイプも試してみよう」となったわけです。
マットの印象っていうと、ぼやける、ざらざら、でも指紋が付く、なんて散々なものだったのだけれど、最近のマットタイプはだいぶ進化してた。さらさらだし、ほとんどぼやけないし、なにより指紋がつかないしめだたない。よほど手がべたべたの時に触ったりしない限りは指紋が気にならなくなりました。なんだ、これならもっと早く試しておけば良かった。

あ、でも間違っても指紋防止タイプは買っちゃダメですね。なんかレビューで酷評されてます^^;

2011年11月27日日曜日

Home Commanderの有効インストール数が1000を超えました!!

リリース直後はさっぱり伸びなくてはらはらしておりましたけど!
自作アプリHome Commanderの有効インストール数が1000を突破しました!


学歴Makerでは超えられない壁でしたので、非常に嬉しいです!
(あれは900後半からインストール数が減少し始めていました^^;)

最低限の機能は、もう実装できたとは思います。ショートカット対応など、予定していなかった機能も要望に合わせて実装しました。これがDL数増のきっかけになったとも思ってます。要望、大事。

Twitterなども活用していろいろサポートできたら、と考えていたんですが、日常使用でノイズも大きいので思い切ってGoogle+ページも開設しています。
https://plus.google.com/108091301144694489467


今後の予定ですが、開発当初より温めていたある機能を実装しようと思います。
リリースのスピードを重視してしまったため、あちこちの処理が簡易的で、内部的には大改修が必要になってしまっていますが^^;
変わったランチャー、くらいの当アプリですが、他のアプリと連携をとって動作できたらな、なども考えています。やりたい事だけ膨らんで行きますね。

2011年11月25日金曜日

MacBook電源アダプタ+USB充電器の面白いの見つけた

これすっごくいい。
紅白のカラーリングってなんとなく気に入るんだよね。この感覚って日本人ならではなのかな?
MBPにiPadにAndroidに・・・ってやってるとついついコンセントは足りなくなるもの。コンデジかエネループの充電をするたびに電源アダプタをどれか抜かなくちゃいけないのが現状だから、こうやってiPadとMBPの充電器を一緒の差し込み口で使えるのはすごく良いね。
赤い部分単体でただのUSB充電器としても使えるみたいだし、こいつは案外すごいやつなのかもしれない。

だれか俺にクリスマスプレゼントでください。

2011年11月23日水曜日

macでminecraftを64bitで快適に遊ぼう

minecraftファンでマカーな皆様、お待たせ致しました。
Mac OS でminecraftを64bit動作させる方法がわかったので、メモしておきます。
メモなんで、みなさんやるなら自己責任で。

minecraftは64bitのjavaで動作させられるようで、特に描画距離の設定をFarにすると
A 64 bit Java installation is recommended for 'Far' render distance(you have 32 bit)
意訳:遠くまで見えるようにするなら64bitでつかってちょ(今は32bitだ)
というようなメッセージがでて64bit動作を推奨されます。


Windowsの人向けには様々な情報が供給されていて、少し調べればさくっと64bit動作させられるんですが、Macはなんだか探しても見つからない!必死こいて探したら英語のフォーラムにそれっぽい事が書いてあるだけで日本語の情報が見つからない。ってことで、さくっと試してみました。で、日本語でメモっておきますね。

見つけたのは以下のサイト
http://www.minecraftforum.net/topic/649868-guide-mac-support-101/page__p__8508704#entry8508704
これはどうやらminecraftがうまく動作しない人向けの情報なんですが、ここに「解決のために64bitで動かしてみよう」という情報が含まれています。で、そこだけを利用して64bit動作に成功しました。


まずはjavaのバージョンを確認しましょう。最新版が入ってればおkっぽいです。appleのwebページに駆け込んで、アップデートして来てください。
Java for OS X Lion Update 1
Java for Mac OS X 10.6 Update 6
Java for Mac OS X 10.5 Update 10
Java for Mac OS X 10.4, Release 9

次にMinecraftのファイルをいじります。
Minecraftを右クリックして、「パッケージの内容を表示」します。その中の
Contents -> MacOS
を開いて、その中身の"JavaApplicationStub"というファイルを、以下の場所にある同じ物で上書きします。
/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/A/Resources/MacOS/
ここにあるファイルのうち、同じ名前の"JavaApplicationStub"だけをminecraftの中身の同じファイルに上書きするわけです。

さて、そうしたら一つ上のContentsの中まで戻って、今度は"info.plist"をテキストエディタなりXcodeなりで開きます。そこで値を変更するわけです。Xcodeは知らんので、ここではテキストエディタで編集します。
テキストとして開けるので、それをがーっと下の方まで見て行くと以下のような部分が見えます。

<key>VMOptions</key>
<string>-Xms512M -Xmx1024M</string>
<key>JVMVersion</key>
<string>1.5+</string>
<key>JVMArchs</key>
<array><string>i386</string>
<string>ppc</string>
</array>
</dict>
</dict></plist>
もしかしたらちょっと違うかもしれませんけど、だいたいこんな感じ。さて、これの赤いところ、これがメモリの量なので、コレを増やすと重たいテクスチャパックを使う時なんかにメモリを贅沢に使って快適に動いてくれます。で、これをふまえて以下のようにします。

<key>VMOptions</key>
<string>-Xms1024M -Xmx4096M</string>
<key>JVMVersion</key>
<string>1.6+</string>
<key>JVMArchs</key>
<array><string>x86_64</string>
<string>i386</string>
<string>ppc</string>
</array>
</dict>
</dict></plist>
赤い部分が変更を加えたところ。これは上から順番に

  • メモリは最低でも1GBをさっさと確保して、足りなくなったら4GBまで使って良い
  • javaのバージョンは1.6以上を使う
  • オプションに64bit動作を追加
という変更を意味しています。たぶん。なんでもjavaは1.6から64bit動作のほうが優先になるとかそんな理由っぽいです。よくわからないですが。

これで、うちの環境では無事64bitで動作してくれました。もうFarにしても怒られる事はありません。
体感的にも遠方の物体が早く表示されるようになりました。メモリの割当増は、そもそもメモリ消費がせいぜい200MB程度っぽいうちの環境では無意味だった気がします。バニラ使ってる人は、要らない変更かもね。

2011年11月11日金曜日

auのXperia acroもAndroid 2.3.4になりました!

ドコモはアップデートか、良いなーとか思ってたらauにもアップデートがきてました。
Android 2.3.3 -> 2.3.4にアップデートしていろいろ機能が追加されたりしたようです。

いろいろと変更があるようですが、ホームアプリやPOBox Touchのバージョンアップは小さなイライラの有無にダイレクトに関わってくるので、劇的な改善を望みたいところ。あと、Facebookの吐き気のするようなバグがなおってなけりゃ、もう一度サポートにメールしてやらねばなるまい。

さて、端末単体でアップデートした場合、自分の端末はDLに数分(Wifiだし)、その後アップデートに18分かかった。30分くらいって脅されてただけに、ありがてぇ。たぶん、ああいう時間の例で取り上げられる端末はいろいろ入れまくって重たい奴で、考えうるかぎり最強に重たい状態なんだろうな。


アップデートしてまず感動したのが、画面のOnOffの時のアニメーション。なんかこう、ブラウン管テレビみたいにブォン!ってなる。これはなかなかに好きだ。
アップデート後の初イラッは入力方法がQWERTYに初期化されていたことだ。すぐ直せるけど、イラっときたね。

スクリーンショットの取り方は電源ボタンの長押し(一秒以上)で出てくるオプションに追加されてる「スクリーンショットを撮る」を押す事。・・・いやおいいいい!おっせぇよwwwwwwすぐに撮らせてくれよwwwwwwwwww
とったあとはプレビューしながら、共有で他のアプリからネットに上げたり、設定ボタンで壁紙にできたりする。うーん、便利なんだか不便なんだか。・・・これ、HomeCommanderからよびだせねぇかな?

新しく追加された?LiveWareマネージャが結構便利そう。充電した時に自動で起動するアプリを設定できたりする。他にも、ヘッドフォンをつないだときとか、ヘッドセットつないだときも設定できる。あ、Bluetoothでなにかつないだ時も大丈夫っぽい。でも正直使い方わかんないや。

設定画面の背景が設定できるみたいだ。これ前からあったか覚えてないけど。テーマを変えるとこれが変わる。もしかしたら他にもテーマの影響を受ける物があるのかもしれないな。

Facebookの同期が失敗する忌々しいバグはとりあえずなおってそうです!やったね!


とりあえず今ちょっと使ってみた感じはそんなところ。うん、良いんじゃないか?アップデートした成果はあったと思うよ。


2011年11月4日金曜日

最速でメモリを解放しよう。Fast Rebootをfastestに使う方法。

*宣伝です。良いじゃんか、DL数伸びなくて泣きそうなんだから。

さて、最近愛用のacroが重たくって仕方が無いので、メモリ解放とやらに情熱を燃やしておりました。ガラケー機能にメモリを食い過ぎなんですよね、こいつ。まあ、後から入れたFacebookメッセンジャーとかGoogle+の常駐が重たいってのもあるんですけど。

そこでFast Rebootです。これ、アプリを起動するとメモリをがっつり解放して帰って行く、非常に素敵なアプリ。これさえ起動してしまえば、メモリ不足もなんのそので作業を続けられるというわけ。
と、なればこいつは最速で起動したい。起動させるためにホーム画面に移動する、そのために数秒待たされるなんて、論外だ。俺は今すぐメモリを解放したいんだようおおお!

てことでやってみた。
Home CommanderにFast Rebootを設定して、ホームキー三回で起動するようにしてみた。結果、どんな画面からでもホームキーを連打すればメモリをお片づけしてくれる素敵環境ができあがったわけだ!
ホームキーを三回連打。1秒もかかってない。さあ、これより速くFast Rebootをどんな画面からでも起動する方法があるならぜひ教えて欲しい。現状、俺はこの組み合わせを最速だと信じてる。やはりハードキーは最強なのだ。だからフルキーボード付き最新Android早く出てくださいお願いします。