2012年12月30日日曜日

新しいはさみに感動した

普段文房具とかまったく興味ないんですけど、久々にはさみで感動したので。以下ステマっぽいマジ記事を。


買ったのはこのフィットカットカーブというやつなんだけど、こいつの切れ方がマジやばい。別にめちゃくちゃ鋭いはさみでも、大きなはさみでも無いんだけど、小さい力でサクサク切れる。
感覚的には、ふつうのはさみサイズなのにダンボール用はさみと裁ちバサミが乗り移ってるみたいな感じ。そうそう、これでダンボールもサクサクきれる。いままでカッターで解体していた通販のダンボールが、こいつのおかげで豆腐を切るように解体できるようになりました。

ITの世界にいると、日々いろんな物が日進月歩でかわっていく。そうするとついつい身の回りの、食事とか文房具とか移動手段って進化してないかのように感じる。
けれど、はさみだってこうやって進化してるんだなーってのをまじまじを思い知った。そんな年末のお昼。

2012年11月14日水曜日

久しぶりにHomeCommanderのソースいじってるけど


半年以上も放置したHomeCommanderに今更ながらに手を入れてみたり。
現状既にバグ修正的な物では対策できるだけ対策済みで、もう残りは端末依存とかでどうしようもないのでいじりようがないのだけれど。

Android開発から離れて長い事PHPやMySQLと楽しく暮らしてるんですが、このAndroid1.6時代の枯れた知識でも一応機能追加とかはできる見込みがあるわけなんですよ。HomeCommanderって名前のわりにホームキー以外にも対応するとか。エネコン的にコマンド入力するようなマネもできなくはないかな、なんて。だれがやりたがるかは別としてもね。実際そんな要望が無い訳でもないし。
未だにちょろちょろダウンロードされてるので、このまま放置するのも惜しいんですよ。昔みたいにがむしゃらに注力できないんだけれど、ここ半年でのあたらしい知識と経験で、そこまで力入れなくてもできるもんかね、などとね。いやぁ、当時のソースコードとか今見直すとひどいからね^^;

このブログは月1くらいでやる気無く更新してたけれど、このペースは今後もかわらないかもしれん(ぉ

2012年11月6日火曜日

キリ番好きに送る。Gitサブコマンド、git-kiriban

キリ番を愛して病まない皆さんこんにちは。キリ番報告はしてほしいけれど自分では面倒で恥ずかしくてできなかった派、ゆきあすです。

最近マイブームとなっているGitで実用性皆無のgitサブコマンドを作り上げ晒し上げましたのでご報告致します。

git-kiriban
https://github.com/YukiAsu/git-kiriban

"kiriban" is good turning point number.
svnではリビジョン番号が連番ですから、キリ番は明白ですよね。自分の周りでも「あ、1000とられた!」「1111とかいつのまに・・・」「おい1234だれだよー!狙ってたのに!」などと微笑ましい会話が飛び交っております。
しかし!Gitは残念ながらハッシュ値となっており連番ではございません。これは残念すぎる。これでは「キリ番がとれない」などという至極くだらない理由でGitへ移行できないプロジェクトが発生する恐れがあります。(ご報告お待ちしております)

なのでサブコマンド作りました。git-kiriban。
まあ、ログ並べてcommitの数を数えてキリ番候補の数と比較してるだけですけども。ええ。単純な物でございます。へー、サブコマンドちょろいな、みたいな。

オレオレ Git サブコマンドを作る
こちらを参考に致しました。参考というより励みレベルですけど。

まあ例によって例のごとく、その場のノリと勢いで晒したので深い事考えてませんが。勉強にはなったかな。

2012年9月27日木曜日

Androidアプリは連携が容易なのが良いよね

お久しぶりです。すっかりiPhone派に改宗してしまったゆきあすです。iPhone5欲しい。

そうはいってもAndroidアプリの開発歴の方が長い私。アプリ作者としてうれしいお話が直近でちょっとあったのでそのご報告もかねて少々お話を。


基本的に知らん人からメールを受け取るのは嫌なので、HomeCommanderとか公開当初はメールアドレスを公開していませんでした。とはいえ順調にDL数がのびるにつれ、なにか面白い事が拾えそうだとメールアドレスを公開したいなーと思い始めました。そこで、さくっとliveメールを取得して現在設定しているあのアドレスをサポート用アドレスとしたわけです。
さて、結果どうだったかと言えば、「広告出しませんか!?」「広告のせませんか!?」「新しいマーケットにアプリ出しませんか!?」と営業ばかりでさっぱり面白くなかったのですが。ごくたまに「アプリつかってますー。ここが糞ですね。」とか「他のアプリではこれこれできるのにHomeCommanderでできないのはおかしい」とか、そんなメールはきてました。これはこれでちょっと面白かったり不快だったり。マーケットに書かれたレビューよりはマシなものばかりでしたけど。

そんなわけでだいぶメールチェックをさぼっていたんですが、先日たまたまメールチェックした際にとても面白いメールが飛び込んでいました。
それは、「作ったアプリがHome Commanderと連携できるみたいなのでぜひ紹介させて欲しい」という物。なるほどこれは面白い。
ご存知の通りAndroidにはIntentと呼ばれる非常に便利な能力がありまして。その点集中管理で融通の聞かないiPhoneとちがって、かなり自由にアプリAからアプリBを起動したり、その上データを渡したりもできちゃう優れものでございます。優れもの、とは言いましたが今回のこの連携が面白いのは、その中でも本当に基本的な「他のアプリを起動する」という機能しか使用しないこと。しかしこれだけで双方かなりおいしい結果をもたらすんですよ。

ちなみにそのアプリってのがこちらのDisPinというアプリです。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.akidn8.android.dispin
"ディスプレイのタッチ入力を無効にして、画面を固定させるアプリです。"との事。

いや何が面白いって、まずご丁寧に連絡をいただけた事。すでにHome Commanderの動画をご覧になった方はご存知かと思いますが、私が当初作成した紹介ビデオの中にはランチャーだったりタスクスイッチャーだったりホームアプリだったり、とにかく他のアプリを使って自分のアプリをアピっております。それもそのはず、Home Commanderは他のアプリを起動する事に全力なアプリですので、単体ではなにも機能がございません(笑)
そんなわけで、私も必然的にいろんなアプリをつかってビデオを作成したのですが、これらのアプリの作者にはまったく連絡もとっていなければ許可も得ていません。ゲームとかのネタバレってわけでもないんだし、相手の作者も宣伝になっていいんじゃないかなーっと甘い考えで突っ走ったわけですね。今のところ苦情もなにも来てませんし。
(問題があればあとでこっそり教えてください^^;)

で、思えば「アプリ連携」と言えばたしかに重たくて重要そうで、相互の理解が無ければ実現できなそうな響きです。なるほどメールを送るのもうなずける。しかし今回の"連携"というやつは、そういう難しいことはいっさいいらない。ただHome CommanderでDisPinを設定するだけ。お手軽。非常にお手軽だ。でもこれだってある意味立派な連携。
詳しくはDisPinの紹介動画とかを見てほしいんですが、DisPinはその特性上画面の状態を選ばずに使いたくなる。当然通知バーが無くて起動できない時もあるわけで。そんな時にそれをHome Commanderが手助けできる、というわけ。ホームキーならほとんどすべての状態で見えてるからね。(ギャラクシーネクサス怖いね)
ホームキーを使うっていう事自体は別にめっちゃ難しい事ではないので、組み込もうと思えば組み込めた機能かもしれない。けれどそう考えるアプリってけっこうあって、さあホームキーの争奪戦だ、となる。そこでHome Commanderだ。うん、我ながら優秀。
まあ別に自慢をするのが目的ってわけじゃなくて、ここで言える事は

他のアプリとの連携が楽 = 面倒な事は他のアプリに任せられる

という事。極論で言えば、俺はHomeアプリとタスクキラーとカメラを実装するのが面倒だったからあんなに低機能なHome Commanderを作った、とも言える。その辺の柔軟なところがAndroidの良さであって、iPhoneには無い強みだと思うんだけどな。そもそもiPhoneでHome Commanderを作ろうなんて絶対に無理だし。うん。
アプリの数とか質ではiPhoneに追いつけないかもしれないし、そもそも端末の質とか考えるとマジAndroid機レベル低いなーとは思う。だけれどこういう要素とか強みがあるんだから、そこを活かしてのびていくといいな。どっちが良い悪いじゃなくて、双方違った強みのあるデバイスとして今後も成長し続ける事を祈ります。




ところで、マーケットのアプリをもっとグラフィカルに紹介できる便利なツールないの?

2012年7月31日火曜日

Androidアプリ作者がちょっとiPhoneアプリを作ってみて感じたこと

今まで一応Androidアプリ作者を名乗ってやってきたわけですが、いろいろあって今年に入ってからiPhoneアプリ作成にも挑戦などしておりました。実はアプリはもう公開もされていたりするのですが、諸事情あって積極的にブロードキャストしておりません。

そんなわけで、Androidアプリ作者がiPhoneアプリに挑戦したらどうなるのか?今日はそんなお話です。


AndroidアプリとiPhoneアプリ。その二つの大きな違いは方向性だと思う。それぞれを一言で表すとすれば、
Andriodアプリは自由帳。iPhoneアプリは日記帳。
だろうか。

iPhoneアプリは決まった型があってすごく作りやすかった。解説がわかりやすいかどうかは別にしても、わりと盲目的でもいいから指定されたツールで指定されたコードを指定された場所に書けばよかった。いや、書く必要すらない。まるでブロックをくみ上げるようにマウスで線をひっぱったり、画面を描いたり。そしてわずかばかりにコードを書く。簡単なアプリならそれでいい。
ただ、ちょいと複雑なことをしようとするととたんに面倒になる。なにせあのObjective-Cとやらは独特だ。例外的なことをしようとすればとたんに書く量が増える。数を数えるのにまるで1,1,1,6,7,8,9,9,9と増えるかのような偏った面倒くささ。これがiPhoneアプリ作戦の嫌なところ。

Androidはまさにプログラミングといった感じだ。ツールはあまり頼りにせず、javaコードやxmlにストイックに向き合う。同じ画面に見えても、よりすっきりとしたコードに書き換えられたときの快感は、きっとプログラマー特有の感覚だろうけれど。
そのかわり、Androidアプリは自由度が高いように見えるけれども、何をやるにも手順が多い。バージョンがあがるたびにややこしくなって、混沌としてた気がする。それを解決するための手法ももちろんいくつもあったけどね。なにより端末の種類が豊富で、そのせいで機種依存が面倒くさいのなんのって。もうほんと、なんどGalaxy滅びろって念じたかわからないくらい。自分の持ってない端末の人からバグ報告がきたときのむなしさったらなかったです。無力でごめんなさい・・・って。これがAndroidの嫌なところ。

Androidは4.0はいってからほとんど触っていないし、iPhoneアプリはまだまだ初心者だ。それでも、この二つでほとんどかわらないアプリケーションを作るのは難しいんだろうな。そりゃコロナとか流行るよね。


双方の方向性が、そのまま端末としての使い勝手の方向性になっているのもまた興味深い。ただ、今の俺にはバリエーションよりも統一された使いやすさがうれしく思う。しばらくはiPhoneアプリをいじろうかな。。

2012年7月21日土曜日

SH-07D買ってました(過去形

またの名をAQUOS PHONE st

メイン機は小さい端末で防水ついてて置くだけ充電が良いなー、なんて贅沢を言っていましたがつい先日その贅沢な端末を見つけてしまいました。しかもシャープ製という個人的にもう「これしかないだろ!」と言わんばかりの好条件。いままで二台持ちでメイン機はガラケーだったんですが、これを機にスマフォに変えました。
赤くてかっこいい理想の機体ですね!素晴らしい!!

こいつの数少ない決定を上げるならば、この時期に出るモデルにしては低スペックだって事くらいでしょうか。もっとも、複雑な事やらせなきゃ十分なレベルに最近のスマフォは性能が担保されているので大丈夫でしょう。プチフリとかホーム画面が出ないとか、そんなもんスペック云々でなくAndroidの宿命みたいなもんですし^^;

しかし4.0でも相変わらずのもっさり感なんですね、Android。これは本格的にiPhone5に浮気したくなる。docomoがんばれー!

2012年6月18日月曜日

iPhoneアプリを作るために買った本

お久しぶりです。・・・・最近こればっかだな。

iPhoneアプリをつくろうつくろうとずっと言っていたんですが、先日ようやく一念発起してデベロッパープログラムに登録しました。お金も払っちゃったんで開発を始めたんですけど、これがわからないわからない。いや、プログラミングじゃないんですよ。Xcodeが意味不明なんですよ。
それで、これはもう本にたよるしかないだろう、ということで本を探してきました。前情報とかいろいろみてじっくり考えたんですが、今ベストだろ!とおもう本はこれです。


まず第一の判断基準として「情報が新しい事」を優先しました。この先さらに新しいバージョンがでるというのに古い情報なんかみたって仕方ありません。 
次にわかりやすさを基準にしたんですが、この解りやすさのバランスを「かなり入門より。ただしプログラミングの初歩的概念は除く」という基準で選びました。私が読むのに変数とは?なんて内容は不必要ですし。とはいえたとえばプロジェクトの作り方などXcode独特の物はインターネット上でも情報が古かったり浅かったりして解りづらいため、そのあたりが詳しく解説してある本書をえらびました。
さらに内容を取れるアプローチの「さわり」と考え、過剰に詳しくない本を選びました。発展的内容は別の本か公式ドキュメントで探します。あくまで「なんだXcodeちょろいじゃん」ってなれば良いんですよ。公式のドキュメントを見て開発するのには他の言語で慣れてますし。

ちなみに、最後まで悩んだのがこちら。

こちらは発行年月日が古く、現在のXcodeとは内容に食い違いが出ていると感じたために購入には至りませんでした。内容自体も画像が少な過ぎてちょっと操作がわかりづらいです。特にXcodeではソースを書くというよりGUI上で操作するスタイルが特徴のようですので、それを活かしきるにはややこちらはパワー不足かな、という感じです。ただ、技術的には少しだけ詳しそうでした。一冊でとりあえずひととり完結させる気ならこっちのほうが良いでしょうね。画像が少ないというのは文字が多いという事。情報が多いと思います。


また、前評判の非常に高かったこちらも非常に良い本に思えました。

ただこちらは内容がガチ奥深い所に届いており、今読むと混乱を産みそうなのと、お値段が高いために今回は見送りです。
技術の方向性もObjective-Cに特化したものであるため、「部品組み合わせてイカすiPhoneアプリつくるべー」っていう用途には向かないと思います。逆に、ゲームプログラミングとかでリソースとガチバトルを繰り広げたりしたいならこいつは必須図書なのではないかと感じました。今後、「UIは良いんだけど処理よくわかんなくて変な動きする・・・」みたいなケースが増えれば購入したいです。もうちょい先ですねー。
でもどっちかといえばUI固有の部分ではまりそうな気がするんですよね。そうするとこっちでは特効薬にはなりづらそうで。

2012年6月2日土曜日

見た目を変えてごまかす

オヒサシブリデス

しばらく更新してなかった当ブログですけど、別に飽きた訳じゃないですよ!時間が無いだけで^^;

ってわけで苦し紛れに見た目を変更してみました。あとはうさんくさい肖像画を設置。これ、結構似てるんですよ。ええ。


いままでわりとAndroidこそ最高だーってスタンスでしたけど、最近だいぶiPhoneにもすり寄ってまして。今後もしかしたらiPhoneアプリネタが出せるかも・・・なんて考えもあるんですよね。もっとも、時間が無いんですけど!

そんなわけで、ナイスな肖像画でもながめてもうしばらくお待ちください^^;

2012年4月23日月曜日

生存報告

いや、イキテルイキテル。
ちょっと環境が大きく変わって引っ越しとかしてましたけど私は元気です。

お仕事が変わったので、今後はAndroidネタが薄くなってWEB系にシフトするかも。・・・そもそもAndroidネタも濃かったかは微妙だけど。
最近はcakePHPばっかりいじってるのでそのネタで更新できたらいいっすねー

2012年3月5日月曜日

Galaxy Nexusを手に入れた!

おまえどんだけ携帯増やすんだよ、と友人からつっこまれつつもGalaxy nexusを入手!
あこがれのAndroid4.0端末です。ようやく手に入りましたね。とは言っても、Home Commanderは1.6対応ですし、4.0を手に入れた所でできることが増えた訳ではないんですが^^; たんなる知的好奇心というやつですよ。チテキコウキシン。
この通りですね。お色は、まあシルバーしか無かったのでシルバーです。

Home Commanderもばっちりインストール済み。マーケット版の普通の奴ですよ。一応、ある程度ためして見ましたが、きちんと動作しました。
むしろPHOTONでの動きが怪しいのは秘密

スマフォ勢も随分にぎやかになってきましたねー。デバッグが捗るという物です。
iPhoneがまじってるけど気にしない。いつかそっちも作りたいんだけどね。

2012年3月3日土曜日

au Wi-Fi HOME SPOTを借りてきました

なんか、今なら無料で借りれるという事なので、借りてきました。au Wi-Fi HOME SPOT
Wi-Fi HOME SPOT

サイズ感の解りづらい写真で申し訳ない。こいつ、思ったよりも小さかった。
これでどうだろうか?USBポート三つ分。非常にコンパクトだ。

プラネックス製らしく、正直ちょっと怖かった。でも今の所動作に問題は無いみたい。動作速度とか詳しい所は俺よりもっと詳しく調べてる人がすでに沢山いるので省略。
使いやすさはかなり良いと思う。WPS対応してればボタン押せば繋がるのはもちろんだし、auのスマフォならあの存在感の薄さで有名なau Wifiアプリで簡単接続もできる。
そして、そんなもん無くたって底面にSSIDとパスワードがご丁寧に印字してあるので、ソレを見て打ち込むだけ。MBPもiPhoneも問題なく繋がっている。

なにより評価したいのはデザインかな。自称してるだけあって、本当にインテリアとして置いておける素敵なデザイン。俺はかなり気に入ってるよ。

今なら無料っぽいし、借りて損が無いならそりゃ借りるよね。
ただ、壊したり無くしたりするとお金請求されるみたい。解約したら当然返さなくっちゃならない。販売もしていないっぽいし、大人しく大事に借りとけってことか。ちなみに、三年使う事でなくした時に払う金額は1050円まで下がります。三年間かー。そこまで使い込んでたら壊れてそうだけどね。

2012年2月19日日曜日

CakePHPに浮気するAndroidプログラマ:MacでCakePHP

さて、最近やたらと「プログラミングできるの?じゃあPHPとかできる?」って聞かれる機会が多くて、その度に「PHPは経験無いですね。自分、Perl好きだったんで。(あんなPerlの敵みたいな言語滅びれば良いと思います)」って答えるのがしんどいので、ちょっくらPHPに浮気してみることにしました。

Windowsの情報はびこるこのネットの海にMac向け情報という一筋の光を!

PHPってなんだよ?Perlとどう違うんじゃボケってレベルの知識しかないAndroidプログラマが、そのまんまeclipseでCakePHPに手を出してみたその記録です。PHPの参考じゃなくて、環境構築の参考にしてね。俺、まだサンプルコードが何やってるか解ってないからwwww

2012年2月16日木曜日

iPhone4を買いました

なんかもう浮気宣言みたいでごめんなさいw
安かったのでiPhone4買ってきました。4Sじゃありません。4です。
白いiPhoneです。良いですねー、白。スマフォカバーは使わないのが私の主義なので、画面の保護シールを貼っただけの状態です。ちなみに貼ったのはコレ。

お兄さん大好きなマットタイプ。網膜がどれほどぼやけるか気になってたけど、全然ぼやける印象がなかった。マットタイプがぼやけるなんて、もう過去の話なのかもね。そしてマット特有のすべりの良さがとても心地よい。

ってことでiPhone買ったので、これからはiPhoneアプリを作ったりする事もあるかもしれませんね。つってもしばらくは手を出せないでしょうけど。ガジェットが増えるのは良い事だー!

2012年2月2日木曜日

[Android]リアルタイムジオコーディングなどをサンプルとしてGitHubに公開しました

以前わざわざ三本の記事に分けて詐欺的にアクセス数を稼ごうとやっきになってたリアルタイムジオコーディングだけど、
[Android]EditTextに入力中の文字列を、リアルタイムでどんどんジオコーディングしてみる3
今見直したらイマイチわかりづらいし、なんか使いづらいコードなので、修正した挙げ句GitHubにぶち込んでおきました。

MapActivityサンプル

ついでにそのもっと前に投稿していた誰得記事であった
[Android]MapViewのズームコントロールをズラす
の内容も一緒にまとめてあります。だからMapActivitySamplesになってるんですね。
今後もなにかMapViewで遊べそうならちょくちょくコレに追加していくつもりです。

2012年1月30日月曜日

[Android]ロックスクリーン上にもViewを表示させる

みなさん楽しくAndroidしてますか?Android端末はやっぱりいろいろ自分で弄れるのが良いですよね。ええ。某リンゴのスマフォじゃロックスクリーンを変えるっていうジョークアプリがちょっと物議を醸したりしてましたが、Androidじゃロックスクリーンすら変更ができます。うん、すばらしい。

でもロックスクリーンって端末によっちゃけっこうイカしたのがあって、変えてしまうのがオシいんですよ。でも不便なままで使うのは嫌だし・・・ 個人的には今のロックスクリーンにバッテリー残量とTwitterのリプライが表示されたら最高なんです。なんでそんな機能無いんですか!ふざけんな!

頭に来たので自作しましょう。本日のメニューは「ほぼ完璧に最前面に出るView」でございます。ロックスクリーンですら彼を隠せません。さあ、ロックスクリーン上にいやらしいほどに居座ってやりましょう!

2012年1月26日木曜日

PHOTONに機種変更しました

そしてついにPHOTONを手に入れたのだ。
PHOTONを選んだ理由は以下の通り
・WiMAX対応のためテザリングし放題
・3Dとか余計な機能ついてない
・型落ちとなったので安い。べらぼうに安い。
これくらい。スペックが良くなるのはよほど型落ちを選ばない限りはまあだいたいどれに変えても同じだし。acroはRAMもROMも貧弱だったので、いろいろマルチタスクしたりアプリをたくさんいれたりするような使い方は辛かった。その点PHOTONならいれっぱなし起動しっぱなしの贅沢な使い方ができそうだ。

期待のWiMAXは体感的にはそれほど早くなかった。電波の入りが悪くて使いどころが難しいってのもあるけど。
テザリングはすっごく便利。快適にiPad弄ってた。あと、移行が面倒でacroもつないでたりした。

PHOTON単体で見れば、物理サイズが大きいので俺の手では操作が辛い。ペンタイル液晶はやっぱりちょっとざらざらした感じに見えるのでqHDごとき解像度では損した気がすごくする。液晶の体感的奇麗さはacroにおよびません。使い心地はacro、使い勝手はPHOTONだな。今の所。

あとPHOTONは液晶保護シートが見つからなくて困った。店員さん呼んで探してもらったら、陳列されてなくて奥から輪ゴムでとめたやつがでてきた。びびった。市民権がないようだ。悲しい。
結局覗き見防止か傷修復タイプしかなくて、後者を購入。やはり見やすくないとね。
で、意外とぎらつかないし、触り心地もまあまあ。あとは傷修復とやらがどの程度かを・・・試す機会が来ない事を祈ってる。

2012年1月22日日曜日

Sound Blaster Play! の分解方法

去年の5月、俺はSound Blaster Play!を買った。
Sound Blaster Play! 買ったよ!

今日使ってたら、なんかカラカラ音がするなーっと気がついた。そしたらいきなりブツっと音がして、音が聞こえなくなった・・・
コレは困る。ってことで、対処を考えた俺は思い切ってこいつを分解してみる事にした←

やってみたらちょっとした事で簡単にできた。別に接着されてるわけでもネジ止めされているわけでもなかったからだ。ツメで引っかかってる、それだけ。

だから、ツメの方向さえ解れば両脇から挟み込んでやればあっけなく開く。写真のように、LED窓のある面をラジオペンチとかで挟んでやると良い。ツメがはずれて、二つに割る事ができる。俺がやった時はツメとかに損傷は無く、このあと普通に元通りに戻せた。なんら問題はない。パーフェクトだ。
俺は分解したところで何もできなかったが、もし改造できる猛者はお試しアレ。ていうか改造できる猛者は分解もとっくにできてるんだろうけどね。。

なお、音はハブを介さないポートに繋いだら問題無く鳴りました。カラカラ鳴ってたのは、最初の写真の左にある白い樹脂製の何かだと思う。捨てた。
Sound Blaster Play!は電力がシビアっぽいです。こちらは猛者じゃなくても気をつけてね。

Blogの見た目をほんのちょっと変えた

Google AdSenseは相変わらず無効にされちゃってるので、大きな下心をもってAmazonのウィジェットをBlogに追加してみました。さあみんなここから買っておらにお小遣いを!

あと、Last.fmのRSSフィードを追加しました。最近聴いた曲が出てくる奴です。
Last.fmは昔みつけてすっげーおもしろいサービスだと思いつつも、登録だけして放置していたそれです。Twitterにも頻繁に流してるので、たぶんフォローしてる人は見てると思うけど。
曲の似てる似てないを判別して、自分と近い趣向を持った人と知り合える面白いツールなんです。本来は。でも日本だとあまり活発じゃないのでそんなに盛り上がらないって言う。結局自分がなんて曲を頻繁に聴いてるかとかを記録するツールになってる。まあこれはこれで便利。
もし気が向いたらみんな登録してくれると盛り上がって俺も嬉しい。
(*ステマじゃないよw)

2012年1月9日月曜日

Macを母艦に別のPCへUbuntuをネットインストール・・・したかったorz

LAMP環境のお勉強も兼ねて、昔使っていたThinkPadX31を引っ張りだしてきました。これにUbuntuをインストールして、LAMPでごりごり回すのが狙いです。

が、ここで残念なお知らせ。我が家にはもうCD-Rのストックがありません。これではUbuntuのディスクを焼く事ができず、インストールをすることができないではないですか!仮想PCを立ち上げてUSBメモリを起動ドライブにしろ、だとかそんな方法もあるらしいんですが、そもそも我が家USBメモリもねぇ。(買えよ)
そこで、ネットインストールという未開拓領域へと足を踏み入れた訳です。ググれどググれど出てくる情報は2008年や2009年のものばかり・・・おまけにWindows向けだ。どうなる!オレ!

これはそんなオレの奮闘の記録です。結局できなかったけど。
MacBookProを母艦にして、ThinkPadX31へUbuntu11.10をネットインストールしようとしてみた(失敗)。