2013年2月26日火曜日

ありがとう!ついに2万人がHome Commanderをインストールしたことに!

ありがとうございます!ありがとうございます!

ついにHome Commanderの総インストール数が2万を突破いたしました。ユニークユーザー数らしいので、もう2万人もHome Commanderを使った事になるんですね。いやはや、感動的です。

思えば2011/10/27にリリースしてからもう1年と4ヶ月も経つんですね。長いような、短いような。
ダウンロード数の推移を見てるとこれもまた面白くて、なかなか伸び悩みつつ、紹介サイトに取り上げていただくたびにちょいとハネて、また沈静化するというサイクルを繰り返していました。2011年はずっとそんな感じで、2012年も途中まではそんなん。流れが変わったのが2012年の8月で、ここからなだらかな坂で安定してダウンロード数がのび始めました。ちょっとさかのぼってみたけれど、なにか大きな変化とかあったかどうかまったくわからんかった。

更新は2012年02月で止まってる^^;
たしかに3月から忙しくなった。そしてその後Android4.x系も元気になるがだいたいは問題なく動くようだ。相変わらず他のホームアプリとけんかしたり、Galaxyシリーズとは仲良くできなかったりだけれど。仕組みが単純ゆえに、なんとかなったんだろう。権限がろくにいらないのもまた一つ自慢だったりします。

バージョンの比率は2.xもまだ強いものの、他のアプリに比べてずいぶん4.xが多いらしい。
たぶんだけれど、4.x系にさっさと飛びつくような層と親和性が高いのだろう。さっさと最新を買う人は、きっとゴリゴリカスタマイズもしたいはず。もっとも、4.xもいい加減普及してきてるけどね。

これから。
ここから大きな変更加えるくらいなら、もうHome Commander Proとかにして作り直してしまいたい。だけどちょっと試したい事もあるし、つかってて不便感じるところもあるからアップデートしたいね。あとは、面白そうなのですこし広告費ぶっこんで宣伝でもしてみたい。はて、広告ってやつはどれほど効果あるんだろうな。気になる気になる。
Home Commanderはむやみに画面にでてこないのが売りなので、広告を表示させて稼げないのが残念だ( ̄∇ ̄;)

2013年2月6日水曜日

麻雀牌は文字でした

Unicodeってそりゃぁもう大量の文字が扱えるわけで。英語日本語なんて序の口でヘブライアラビアもお手の物でルーン文字やヒエログリフまでカバーできるとてもご立派なものなのだ。

そんなUnicodeの一覧を見ていたところ、面白いものを発見。
U+1F000-1F02FMahjong Tiles麻雀牌 *
ま、麻雀牌!?

さあ、みなさん麻雀牌のページを開いてみましょう。なぜかUnicodeの項目があります。そして対応しているブラウザで見ると・・・

左からChrome、Firefox、Sleipnir

Safari
すべてMacからですが。Macの気まぐれなのか、なぜか🀄だけが表示されるという。むぅ、投稿するとなぜか文字化けするんですが"中"ですよ、"中"

どういう条件で表示できるんだろう・・・


あ、入力したい人は"まーじゃん"って打てば対応してたら多分いける。